メーカー

ニチコンのV2H(EVパワーステーション)を完全攻略?特徴・施工・価格すべて解説

ニチコンのV2H(EVパワーステーション)ってどうなの?ラインナップがいくつかあって何が違うの?価格はいくらするの?と悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

こんなお悩みがある方

・ニチコンってどんな会社?

・ニチコンV2Hの特徴は?

・対応している電気自動車は?

・デメリットはないの?

・ランナップの選び方は?

・どんな工事?

・価格はいくらするの?

・口コミは良いの?

・最安値で設置するには?

そんな不安を抱えている皆さんに、少しでも問題解決できるように分かりやすくニチコンのV2H(EVパワーステーション)について解説していきます。

管理者
管理者

【この記事の信頼性】

太陽光業界に2009年から活動している運営者が、メーカーや販売業者、商社から色々情報を入手して、住宅用V2Hの勉強をしたい人向けに、失敗しない住宅用V2H導入方法の解説をしています。

この記事は、ニチコンV2Hの商品から特徴、対応車種、デメリット、工事内容、価格、口コミなどをお伝えしていきます。

この記事を読むメリット
この記事を読んで頂ければ、ニチコンのV2H(EVパワーステーション)のことがわかり、ライフスタイル見合った選択ができ、なおかつ最安値でニチコンV2Hの見積りが取れることでしょう。

ニチコンは蓄電池メーカーで、V2Hを世界で初めて開発したメーカーになります。

ニチコンのV2Hのラインナップはスタンダード、プレミアム、プレミアムPlusがあります。また蓄電池付きのトライブリッドにもV2Hが搭載されています。

ニチコンV2Hの特徴は9つあります。もちろんデメリットもありますので確認はしておきましょう

対応している電気自動車は、日産をはじめ三菱やトヨタなどが対応しています。

工事期間は1日~2日あれば設置完了できます。

ニチコンV2Hの価格はスタンダードが498,000円〜、プレミアムが898,000円〜、プレミアムPlusが1,707,000円~になります(令和5年4月以降の納期価格)。

ニチコンV2Hの口コミや評判は良いです。

ニチコンV2Hを最安価格で設置する方法は相見積もりを取ることです。ソーラーパートナーズなら地元企業で優良なV2H施工業者の見積もりが無料で取得できますので、良ければ活用してみて下さい

地元で評判のV2H施工業者に出会える

V2Hの見積もりも対応可能

ニチコンってどんな会社?

ニチコンは、家庭用や公共・産業用蓄電システムを取り扱っている蓄電池メーカーになります。「電気を蓄え、上手につかうテクノロジー」のトップメーカーとして、常に先の価値を提供してきていますV2Hを世界で初めて開発したメーカーでもあるので、実績や信頼性が魅力です。

ニチコンV2Hのラインナップ

ニチコンのV2HのラインナップはEVパワーステーションの中ではスタンダード、プレミアム、プレミアムPlusとあり、また蓄電池を掛け合わしたトライブリッドにもV2Hが搭載されています。

EVパワーステーションのラインナップ
ラインナップタイプサイズ(幅・高さ・奥行)本体質量自立運転時出力停電対応通常時の操作方法停電時の操作方法いたずら防止機能保証年数

スタンダード
系統連系型809mm
855mm
337mm
91kg3kVA未満特定負荷本体スイッチEV車と本体なし2年

プレミアム
系統連系型809mm
855mm
337mm
91kg6kVA未満全負荷本体スイッチ+スマホEV車と本体あり5年

プレミアムPlus
系統連系型809mm
855mm
337mm
91kg6kVA未満全負荷本体スイッチ+スマホUPSあり5年
トライブリッドのラインナップ
ラインナップタイプサイズ(幅・高さ・奥行)本体質量自立運転時出力停電対応蓄電容量通常時の操作方法停電時の操作方法保証年数

一体型
系統連系型520mm
1180mm
260mm
61kg蓄電池1台:4.0kW(通常時3.0kW)
蓄電池2台:5.0kW(通常時4.0kW)
V2H:5.9kW(通常時5.9kW)
全負荷4.9kWh
7.4kWh
9.9kWh(4.9kWh×2台)
14.9kWh(7.4kWh×2台)
本体+モニタ優秀15年(自然災害補償:10年間)

セパレート型
系統連系型520mm
1180mm
260mm
(ポッド:170mm
430mm
173mm)
61kg
(ポッド:6.8kg)
蓄電池1台:4.0kW(通常時3.0kW)
蓄電池2台:5.0kW(通常時4.0kW)
V2H:5.9kW(通常時5.9kW)
全負荷4.9kWh
7.4kWh
9.9kWh(4.9kWh×2台)
14.9kWh(7.4kWh×2台)
ポッド+モニタ優秀15年(自然災害補償:10年間)

ニチコンV2Hの特徴

ニチコンのV2Hにはどんな特徴があるのか解説していきます。ニチコンV2Hの特徴は9つあります。

ニチコンV2Hの特徴

  • ラインナップが豊富
  • 倍速充電
  • 停電時もワンプッシュ
  • 高機能で低価格
  • スマホで遠隔操作
  • 床下浸水でも安心
  • 離島設置も可能
  • 補助金の対象商品

ラインナップが豊富

ラインナップが豊富です。ニチコンのV2HのラインナップはEVパワーステーションで、スタンダード、プレミアム、プレミアムPlusの3タイプあります。またトライブリッドにもV2Hが搭載されており、一体型とセパレート型がありますラインナップが豊富ということはライフスタイルに合わせれるので、不要な機能を排除できるのです。

倍速充電

ニチコンV2Hは急速充電の上の倍速充電になります。急速充電は出力が3kWですが、V2Hはその倍の6kWです。例えば、30kWhの電気自動車であれば、急速充電は単純計算で10時間かかりますが、倍速充電なら5時間で済みます。急いでいる時はなおさらニチコンV2Hですね。

停電時もワンプッシュ

EVパワーステーションのプレミアムPlusは、停電が起きてもワンプッシュで対応できます。プレミアムPlusは、UPSが搭載されていますので、UPSのボタンをワンプッシュすればOK

高機能で低価格

ニチコンV2Hは高機能で低価格設定です。例えばスタンダード(N7)であれば、商品価格は548,000円(税抜)です。これに工事代金を足せばV2Hが設置できるのです。しかも補助金を活用したらさらに低価格になります。

スマホで遠隔操作

EVパワーステーションのプレミアム以上のモデルはスマホで遠隔操作ができますスタンダードであれば、本体まで行って操作しなければなりません。雨降っていたり、のんびりしている時に、立ち上がって本体まで行くのも面倒だったりしますよね。その場にスマホがあれば、そのまま操作ができるので楽でしょう。

床下浸水でも安心

プレミアムやプレミアムPlusは本体設置面から25cmまで浸水しても大丈夫です。なので、基礎を上げれば床下浸水でも対応が可能になります。大体の基礎は40cmぐらいなので10cm〜20cmの嵩上げで十分です。ただ、なるべく浸水しにくい場所をおすすめします。

離島設置も可能

プレミアム以上は、離島でも設置が可能です。今まで設置ができなかった沖縄や離島にも設置ができるようになりました

※離島や沖縄に設置する場合は、保証年数が5年→1年になりますので注意が必要です。

補助金の対象商品

ニチコンのV2Hは補助金対象商品になります。補助金を受ける際は、国への機器の登録が必要ですが、ニチコンV2Hはクリアしているので補助金が出ている地域でも対象になります。ぜひ、補助金が出ている地域は活用していきましょう

地元で評判のV2H施工業者に出会える

対応している電気自動車

ニチコンV2Hに対応している電気自動車ってどこがあるのか紹介していきます。

日産自動車株式会社

V2Hに対応した日産の電気自動車はこちらになります。

・リーフ ・e-NV200 ・サクラ ・アリア

三菱自動車工業株式会社

V2Hに対応した三菱の電気自動車はこちらになります。

・eKクロスEV ・i-MiEV ・MINICAB-MiEV ・エクリプスクロス(PHEVモデル) ・アウトランダーPHEV

トヨタ自動車株式会社

V2Hに対応したトヨタの電気自動車はこちらになります。

・プリウスPHV

本田技研工業株式会社

V2Hに対応したホンダの電気自動車はこちらになります。

・Honda e

株式会社SUBARU

V2Hに対応したスバルの電気自動車はこちらになります。

・SOLTERRA

BYD

V2Hに対応したBYDの電気自動車はこちらになります。

・e6

Hyundai

V2Hに対応したHyundaiの電気自動車はこちらになります。

・IONIQ5

地元で評判のV2H施工業者に出会える

運転機能モード

EVステーションの運転モードって、どんなモードがあるのか解説していきます。

充電機能

充電機能は太陽光発電の電力または系統からの電力を車両に充電させる機能になります。

放電機能(PV 余剰充電機能 ON)

放電機能(PV 余剰充電機能 ON)は、車両に蓄えられた電力を取り出し、家庭に放電(給電)させる機能になります。太陽光発電(PV)がある場合、太陽光発電の余剰電力が発生したときに、売電せずに車両に充電するように自動的に切り替わります

放電機能(PV 余剰充電機能 OFF)

放電機能(PV 余剰充電機能 OFF)は、車両に蓄えられた電力を取り出し、家庭に放電(給電)させる機能になります。太陽光発電(PV)がある場合、太陽光発電の余剰電力が発生したときに、余剰電力を電力系統に売電します。

タイマー充電機能

タイマー充電機能は、タイマーを設定すると毎日設定した時間に充電の開始 / 停止を行っていきます。

タイマー放電機能

タイマー放電機能は、タイマーを設定すると毎日設定した時間に放電の開始 / 停止を行っていきます。

グリーンモード

グリーンモードは、タイマー設定の時間範囲内で、太陽光発電の余剰電力が大きいときに車両に充電を行います。車両の電池残量を減らしたくない時(放電(給電)しない)におすすめの機能です。

停電時自立運転機能

停電時自立運転機能は、停電時に車両に蓄えられた電力を取り出し、家庭に供給します。

ニチコンV2Hのデメリット

ニチコンV2Hにもデメリットはあります。

ニチコンV2Hのデメリット

  • 電気自動車のバッテリ劣化
  • 対応車種が少ない
  • 操作がめんどくさい
  • 停電時の操作が大変
  • 電気自動車が必要

電気自動車のバッテリー劣化

電気自動車は、バッテリを搭載しているので劣化が生じてきますバッテリーは何度も充電と放電を繰り返していくと徐々に寿命が減ってくるのです。しかし、日産のリーフe⁺の場合は、バッテリー容量低下の抑制や耐久性の向上により高寿命化を実現しています。

バッテリー劣化のを抑える工夫
充放電の回数を減らしたり、たまには普通充電を行うことによってリスク軽減できることでしょう。
管理者
管理者

上手に効率よく使えば良いですね。

対応車種が少ない

電気自動車の車種が少ないので、V2H対応車種が少ないという点があります。しかし、これから時代が進み電気自動車が増えてくれば問題解決できることでしょう

操作がめんどくさい

充放電の操作がめんどくさいという点があります。スタンダードの場合は、本体まで出向き操作が必要です。雨が降っていたりしたら外に行くのもめんどくさいですよね。でもプレミアム以上のタイプであればスマホで操作が可能なので、めんどくさいのが解決する方もいると思います

停電時の操作が大変

また停電時の操作もめんどくさいです。プレミアムの場合は、シガーソケットを電気自動車とV2Hに繋いだりして、いくつか作業をしなければなりません。特に夜停電が起きると外は暗くて作業もしづらいことでしょう。しかし、プレミアムPlusであれば解決できます。プレミアムPlusは、USPのボタンをワンプッシュすれば数秒後に電気が使えるようになります

管理者
管理者

ワンプッシュなら操作は簡単だね。

電気自動車が必要

V2Hは電気自動車に電気を溜めたり、住宅に電気を送るシステムなので電気自動車が必要です。なので、電気自動車を持っていない方はV2Hを持つ必要性がないのです。

ニチコンV2Hの選び方

よく質問をいただくのが、ニチコンV2Hの選び方です。ラインナップがありますので、どれが良いのか迷っている方は多いということです。なので、ここでニチコンV2Hの選び方を解説していきます。

ニチコンのV2H(EVパワーステーション)のラインナップは3つあり機能面として「放電出力(停電時)」、「停電対応」、「操作方法」、「停電時の操作方法」が違うのでライフスタイルに合った機能を選んでいきましょう

ニチコンV2Hの選び方
タイプ
スタンダード

プレミアム

プレミアムPlus
放電出力(停電時)3kW未満6kW未満6kW未満
停電対応特定負荷全負荷全負荷
操作方法本体スイッチ本体スイッチ+スマホ本体スイッチ+スマホ
停電時の操作方法EV車と本体EV車と本体UPS

操作方法

まず初めに操作方法です。スタンダードモデルは操作が本体で、プレミアモデル以上は操作がスマホになります。ここで本体で操作でも大丈夫という方はスタンダードモデル以上のタイプで選択していきます。しかし、本体で操作はめんどくさいとなればスタンダードモデルは除外になります。

停電時の操作方法

次に停電時の操作方法です。停電時に作業が多いのがスタンダードモデルとプレミアムモデルです。作業が少ないのがプレミアムPlusになります。なので、作業多くても良いという方はスタンダードかプレミアムになります。楽な方が良い方はプレミアムPlusになります。

停電時の対策

停電時の対策で選び方が分かれます。スタンダードモデルは特定負荷でプレミアムモデル以上は全負荷になります。なので、停電時は最低限で良いという方はスタンダードモデルで全負荷が良い方はプレミアムモデル以上になります。

スタンダードモデルは特定負荷
プレミアムモデル以上は全負荷

日中に電気自動車がない

電気自動車が日中に無い場合はどうするの?という方はV2Hよりトライブリッドが良いでしょう。トライブリッドは家庭用蓄電ちが搭載されていますので、電気自動車が無い場合は蓄電池に溜めておき、電気自動車が帰ってきたら、その溜めておいた電気を充電することができます

V2Hの施工方法

V2Hってどんな工事をしていくのか気になりますよね。ここでは施工方法の手順を載せておきます。一概にこの順番通りに工事をする内容ではないです。工事内容によって順番は異なりますので、参考程度にしてみてください。

【V2Hの施工方法】

  1. 基礎工事
  2. V2h本体の設置
  3. ブレーカーの取り付け
  4. 配線工事
  5. 停電用の分電盤
  6. 通信アダプタの設置(プレミアム、プレミアムPlusのみ)
  7. UPSの設置(プレミアムPlusのみ)
ニチコン施工事例(EVパワーステーションプレミアムモデル)

※基礎工事は簡易基礎ではなく、本基礎か耐震Aのエコベースが良いです。

ニチコンV2Hの価格

ニチコンV2Hの価格をお伝えしていきます。ニチコンV2Hの価格は、スタンダードモデルが¥498,000〜。プレミアムモデルが¥898,000〜。プレミアムPlusが¥1,707,000〜になります。スタンダードは充電ケーブルの長さで価格が違い、プレミアムは通信機能と離島向けかどうかで価格が違います。プレミアムplusモデルは、通信ケーブルやCTケーブルの長さによって価格が変わってきます。トライブリッドは一体型で¥2,500,000〜。セパレート型で¥2,700,000〜になります。あとは蓄電池の容量によって商品価格は変動します。

EVパワーステーションの商品価格
ラインナップ自立運転時出力停電対応通常時の操作方法停電時の操作方法いたずら防止機能保証年数価格(税抜)

スタンダード
3kVA未満特定負荷本体スイッチ面倒なし2年¥498,000〜

プレミアム
6kVA未満全負荷本体スイッチ+スマホ面倒あり5年¥898,000〜

プレミアムPlus
6kVA未満全負荷本体スイッチ+スマホ優秀あり5年¥1,707,000〜
スタンダードとプレミアムは別途ケーブル関係が必要になります。
トライブリッドの商品価格
ラインナップ停電対応蓄電容量通常時の操作方法保証年数価格(税抜)

一体型
全負荷4.9kWh
7.4kWh
9.9kWh(4.9kWh×2台)
14.9kWh(7.4kWh×2台)
本体+モニタ15年(自然災害補償:10年間)¥2,500,000〜

セパレート型
全負荷4.9kWh
7.4kWh
9.9kWh(4.9kWh×2台)
14.9kWh(7.4kWh×2台)
ポッド+モニタ15年(自然災害補償:10年間)¥2,700,000〜
蓄電容量によって価格は変動してきます

ニチコンV2Hの工事費

V2Hの商品価格を説明してきました。次に工事費用になります。ニチコンV2H(EVパワーステーション)の工事費用は約25万円〜40万円が工事費用の相場でしょうトライブリッドの工事費用は約50万円〜70万円が工事費用の相場になるでしょう。ただ、蓄電池の数(容量)やセパレート型、駐車場のコンクリートの様子などによって工事費用は大きく変わってくることでしょう。

ニチコンV2Hの口コミ

ニチコンV2Hの導入したきっかけや導入後の感想って気になりますよね。

V2hを導入したきっかけ
・日産のサクラを購入し、太陽光発電も10年過ぎましたので、V2Hの導入を決めました。
・まだEV車は予定しているだけで持っていませんが、補助金が出ているということなので先にV2Hを導入しようと決めました。
V2Hを設置後の感想
・初めはスマホ操作に苦戦しましたが、慣れれば問題なしです。
・電気代が安くなりました。電気代が上がっても安心です。
・太陽光発電の余った電気を使っているので、「無駄が無いって良いな」と感心しています。

ニチコンV2Hを最安価格で設置する方法

ニチコンV2Hを最安値で設置する方法は、相見積もりをとることです。相場や工事内容が明確化しているのであれば問題ないですが、各ご家庭によって工事内容が違ってきたり、工事業者によっても工事内容は違います。なので、相見積もりをとることによって、お客様目線で説明してくれる優良販売施工店を探すことが重要になります。ソーラーパートナーズなら地元企業で優良な業者の見積もりが無料で取得できますので、良ければ活用してみて下さい

まとめ

今回は、ニチコンのV2H(EVパワーステーション)について解説してきました。ニチコンのV2H(EVパワーステーション)のラインナップは、スタンダードモデル、プレミアムモデル、プレミアムPlusモデルと3タイプになります。また、蓄電池が搭載されたトライブリッドもありますので、ライフスタイルに合わせて選択していくことが可能です。ニチコンV2Hを最安値で設置する方法は、相見積もりをとることです。各ご家庭によって工事内容は違いますし、工事業者によっても提案内容が異なりますソーラーパートナーズなら地元企業で優良な業者の見積もりが無料で取得できますので、活用してみても良いでしょう

地元で評判のV2H施工業者に出会える

V2Hの見積もりも対応可能

監修

エコアドバイザー
『誠実さ・正直に・価値提供』という思いでみんエネ倶楽部を運営しています。営業経験やメーカーの情報、施工業者の情報など1次情報をはじめ、住宅用V2Hのお得な情報や正しい情報など、皆様のお役に立てるよう日々業務に取り組んでいます。住宅用V2Hのことでお困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。

地元で評判のV2H施工業者に出会える

V2Hの見積もりも対応可能

-メーカー